富山市布瀬町南にある個別指導塾です!
ブログタイトル
倍数の判定法
2019/5/8 9:10 pm   カテゴリ: 数学



倍数の判定法は、高校の数学Aで学習しますが、早めに知っておくと、分数の約分などで役に立ちますので、主なものを下にまとめておきます。

2の倍数……1の位の数が、0,2,4,6,8のどれか。

3の倍数……各位の数の和が3で割り切れる。

4の倍数……下2桁が4で割り切れる。

5の倍数……1の位の数が、0,5のどちらか。

6の倍数……2の倍数であり、3の倍数でもある。

9の倍数……各位の数の和が9で割り切れる。

たとえば、6480という数は

1の位の数が0ですので、2の倍数であり、5の倍数でもあります。

各位の数の和は

6+4+8+0=18

ですので、3でも9でも割り切れます。ということは、3の倍数であり、9の倍数でもある。実際に6480を9で割ってみますと

6480÷9=720

となります。

また、2の倍数であり、3の倍数でもあるので、6の倍数です。

下2桁の80は4で割り切れますので、4の倍数であることもわかります。実際に6480を4で割ってみますと

6480÷4=1620

となります。

2の倍数や5の倍数の判定は簡単ですので、一目でできます。

一方、3の倍数や9の倍数の判定は、これを知っていないと難しいと思います。

是非、活用してみてください。