富山市布瀬町南にある個別指導塾です!
ブログタイトル
放射冷却とは?
2019/12/6 8:17 pm   カテゴリ: 雑記



朝晩を中心に冷え込みが強まってきました。今の時期、冷え込んだ朝や夜を表現するとき、「放射冷却によって気温が下がり」という解説をよく耳にします。
では、この「放射冷却」とは、一体何なのでしょう?

あらゆる物体は、電磁波を四方八方に放っています。この電磁波を放つことを「放射」といいます。この放射によって、エネルギーは温度が高いところから低いところに移動する性質があります。

一日の中で、昼間は地球から出ていく熱よりも太陽から受ける熱のほうが強いため、地面は温められます。一方、太陽が隠れた夜は、昼間温められた地球の表面のほうが、空気中より温かい状態になります。すると、地球の表面から熱が放出されてしまいます。

このように、地面から熱が放出されて、地面とそれに接している空気が冷えることを「放射冷却」といいます。放射冷却は冷え込んだ朝や夜に限らず常に起きていて、それが顕著にあらわれたかどうかが、気温の低下に影響しているのです。
それでは、どのようなときに冷え込むのでしょう?

もし、上空に雲があると、雲にぶつかって地面に戻る熱もあるので、それほど地面の温度が下がらずにすみます。また、風が強いと、温度が下がった空気とまだ下がっていない空気とか混ぜられます。これによって、空気中の温度が十分低くならないので、地面の熱はあまり逃げ出しません。

一方、風があまりなく、雲がない、よく晴れた朝は、地面から熱が放射されてしまいます。このため、とても冷え込みが強くなります。
風の弱いよく晴れた朝は、放射冷却による冷え込みに注意しましょう。

アルゴでは、12/24(火)~1/8(水)の期間、冬期講習会を行います。

冬期講習期間中は、13時から22時まで開校します。

お問合せは 0120-25-0010まで。

ご連絡をお待ちしています。