富山市布瀬町南にある個別指導塾です!
ブログタイトル
燃料電池について
2020/2/25 6:28 pm   カテゴリ: 雑記



電池とは、中学3年で習うように、化学変化によって電流を取り出す装置のことです。

今回紹介する燃料電池は、水素と酸素を化学反応させて、電流を取り出します。

一般的な発電方法では、石油、石炭、ウランなどの燃料を燃やして水を沸騰させ、蒸気の力で発電機を回して、電流を取り出します。

このとき、エネルギーの形態は

化学エネルギー・核エネルギー→熱エネルギー→運動エネルギー→電気エネルギー

と変わります。

一方、燃料電池では、

化学エネルギー→電気エネルギー+熱エネルギー

と、燃料から直接、電気エネルギーを生み出します。

また、電気エネルギーと同時に生まれる熱エネルギーも、冷暖房や給湯に利用することで、エネルギー効率を高くできます。

燃料電池は歴史が比較的新しく、近い将来における本格的な実用化が期待されています。

燃料電池についてより詳しく知りたい方は、高校理科で化学を選択してください。

なお、イラストは自動車やバスに水素を充填できる「水素ステーション」と燃料電池で動く「燃料電池自動車」です。

アルゴでは、3/25(水)~4/4(土)の期間、春期講習会を行います。

春期講習期間中は、13時から22時まで開校します。

お問合せは 0120-25-0010まで。

ご連絡をお待ちしています。