富山市布瀬町南にある個別指導塾です!
ブログタイトル
「みっともない」の語源
2020/9/24 3:28 pm   カテゴリ: 雑記



「恥の多い生涯を送ってきました。」とは、太宰治の『人間失格』に出てくる有名な一文ですが、私もそれに似たような人生を送っているので、みっともない出来事には事欠きません。

さて、この「みっともない」という言葉の意味は、「体裁が悪い・見苦しい」といったものになりますが、「みっとも」とは何だろうと気になったので、この言葉の語源を調べてみました。

この言葉は、そもそも中世に使われた「見たくもなし」という古語が出発点となっています。
もともとの意味は文字通り「見たくない」だったようです。
それが時代を経て、  
 「見たくもなし」
→「見たうもなし」
→「見とうもない」
→「見ともない」
と変化し、江戸時代の後期に現在の
「みっともない」となったそうです。

どうやら「みっとも」という単語は存在しなかったようですね。
ちなみにイラストの人物は、冒頭に紹介した太宰治です。