富山市布瀬町南にある個別指導塾です!
ブログタイトル
勉強という言葉のギャップ
2020/10/19 8:07 pm   カテゴリ: 雑記



中学校の中間試験が終わり、生徒さんに結果や今回のテストの所感を聞いています。

生徒さんの話を聞いていると、講師や保護者等、大人が思う「勉強」と、生徒さんが思う「勉強」という言葉に、ギャップがあるように感じます。



学校から出された課題に取り組んで、丸付けもして学校にちゃんと提出した、でも成績がイマイチだった。

→そこでお母様お父様が「勉強しなかったんでしょ」と言い、お子様は「ちゃんと勉強した」と言う。

→言い争いになって、親子バトルが勃発・・・

なんて話は、よくあるのではないでしょうか。

このバトルの原因は、やはり「勉強」という言葉の認識が、親子で違うからだと思います。



まず、勉強が苦手な生徒さんに多いのが、「勉強=課題やワークをやる」という認識です。

確かに、勉強の手段としてそれらをやる必要はありますが、あくまで手段にすぎません。

大切なのは、それらをやることによって「知識を増やす」ことです。

つまり、日々の家庭学習の中で、「今日はこれを覚えた」「今日はこれができるようになった」といった収穫がないといけないのです。

したがって、問題を解いて、作業のように丸付けをして、答えを赤で写して・・・だと、確かに「ワークをやった」ことにはなるのですが、「勉強をした」とはいえません。



学校の先生や塾の講師、保護者様といった、学生生活を既に経験している大人は、「知識を増やす」「できようになる」までを「勉強」と思っているはずです。

明らかに、認識が異なりますよね。

したがって、「もっと勉強しなさい」と怒るのは逆効果で、まずは正しい勉強のやり方を、浸透させる必要があります。



中学生を中心に声をかけて、そういう話を塾内でしています。

やはり、成績が思わしくなかった生徒さんのほとんどが、「ワークをやって終わりになっていた」と言っていました。

せっかく机に向かって頑張っていたのに、非常にもったいないです。

例えば、ワークが終わって冊子を閉じる前に、今日間違えた問題をもう1度解くようにする等、日々の勉強にほんの少し+αするだけでも、変わってくるはずです。

今回の中間で思うように取れなかった方は、「勉強」の認識を変えて、是非次の期末でリベンジしたいところです!