富山市布瀬町南にある個別指導塾です!
ブログタイトル
有名な初夏の俳句
2021/5/14 7:54 pm   カテゴリ: 雑記



「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」

これは、江戸時代中期の俳人である山口素堂の作品です。
正しくは
「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」
なのだそうですが、字余りで読みづらいためか、一般には、上の形で広まっています。

この句は、季節としてはちょうど今ぐらい時期の俳句で、
目にも鮮やかな「青葉」
美しい鳴き声の「ほととぎす」
食べておいしい「初鰹」
と、この時期に江戸の人々が最も好んだものを詠んでいます。

この句は一躍有名になり、江戸っ子たちの間では、初夏に出回る初鰹を食べるのが、粋の証となったそうです。

お魚が苦手でない人は、是非、この時期の初鰹を食べましょう。