富山市布瀬町南にある個別指導塾です!
ブログタイトル
医薬品のCM
2021/5/21 5:43 pm   カテゴリ: 雑記



TVでよく、医薬品のCMが流れていますが、ほとんどのCMの最後に「ピンポン」という効果音が流れます。

あるいは、タレントさんが口で言っている場合もあります。

何か理由があるのかと思い、調べてみました。

 

結論から言いますと、「ガイドラインで定められているから」という理由でした。

「OTC医薬品等の適正広告ガイドライン」という100ページ以上にわたるガイドラインが存在し、そこで定められています。

そもそも、ピンポンという音とともに、「使用上の注意」を表示する義務があり、テレビCMの場合は、

・画面の3分の2以上を占め、静止した文字で1秒以上表示

・視聴者の注意を喚起するような音声等を併用する

必要があるようです。

この2つ目の「注意を喚起する音声等」というのが、ピンポンにあたります。

なお、ガイドラインには、あくまで「音声等を併用する」としか書かれていないため、必ずしも「ピンポン」である必要はないようです。

 

ほかにも、汚れや炎症等がなくなるアニメーションでは、必ずそれらが少し残っています。

「必ず残すように」という趣旨の文言の記載はないのですが、各製薬会社が、

・誇大広告に当たらないよう留意

・効能効果の保証的表現にならないよう留意

していることから、残っていると思われます。

このガイドラインにはほかにも、言葉遣いや表現の注意点が数多く記載されております。

興味がある方は、調べてみてください。