富山市布瀬町南にある個別指導塾です!
ブログタイトル
「埒もない」「埒があかない」の「埒」とは?
2022/1/8 6:34 pm   カテゴリ: 雑記



「埒(らち)もない」「埒があかない」という言葉を使ったり、耳にしたりしたことは、大多数の人があると思いますが、「埒」とは何かと気になったことはないでしょうか?
私はこの歳まで知らなかったので、今回、調べてみました。
 
さて、ここで使われている「埒」の元々の意味は、馬場の周囲に設けた柵です。
ここから転じて、「物事の区切り・限界」を意味するようになりました。
 
ちなみに「埒もない」とは、「秩序がなく、締まりのないさま」を表す言葉で、「取り止めがない」「くだらない」といった意味になり、「埒があかない」は、「物事が片付かない」「はかどらない」といった意味になります。
 
日常的に使っている言葉も、意味や語源などを調べてみると、結構、面白い発見があるものです。
気になる言葉があれば、是非一度、調べてみてください。
 
なお、イラストは、競馬場の周囲に設けた柵とその後ろの人たちです。
 
アルゴでは、12/25(土)~1/10(月)の期間、冬期講習会を行います。
冬期講習期間中は、14:00から21:30まで開校します。
お問合せは 0120-25-0010まで。
 
ご連絡をお待ちしています。